Doorkeeper

9/29 FuckUp Nights Tokyo Vol. 8 - Everything you want is on the other side of fear! 恐れの向こう側にこそ勝ち取りたいものがある!

Thu, 29 Sep 2016 19:00 - 21:30

Impact HUB Tokyo

2-11-3 Meguro, Meguro-ku, Tokyo

Register

Registration is closed

Get invited to future events

¥1,000 prepaid / ¥2,000 at the door
Beer & Pizza Included (Prepaid Tickets are handled through PayPal, No Refunds Possible)

Description

FuckUp Nights Tokyo is back for Volume 8 on Thursday September 29th! Our previous volume in June was a great success so we are already excited to be inspired by the next FuckUp stories about failure and the lessons learned from them. Make sure to get your prepaid ticket for the event and save a 1000 yen! See you all in September!

FuckUp Nights Tokyoは9月29日木曜に第8回となるイベントを開催します!前回のイベントでは登壇者から素晴らしく、励みとなった「FuckUp ストーリー」を聞かせていただき、大変盛り上がりました。今回の第8回のイベントも「FuckUpストーリー」からの価値のある学びを聞けるのを楽しみにしております。皆さん、今回も是非ご参加ください!


Speakers Wanted! 登壇者募集中!
We are looking for speakers who would like to share their stories with our audience! Do you have a project that went down south, a business deal that fell through, or any other type of story you can share with us, please join us on stage! Speaker applications can be send through the following form: Tell us your FuckUp Story!

私達は、オーディエンスに自分のビジネス上での「FuckUpストーリー」を共有していただけるスピーカーを募集しています!もし今まで成功しなかったプロジェクトや、ビジネスでの交渉でうまくいかなかったもの、事業を立ち上げたけれど失敗してしまった、チームメンバーのモチベーションをうまくあげられなかった・・その他どんなストーリーでも、何か共有できる「FuckUpストーリー」がある方は、ぜひこちらのリンクから登壇申し込みをお願いします!


About FuckUp Nights

FuckUp Nights is a global movement that started in Mexico in 2012 and has spread to +100 cities in more than 35 countries around the world. The concept of FuckUp Nights is simple: breaking away from the stigmas surrounding (business) ‘failure’. The lessons we can learn from failure are often more valuable and interesting than stories about success. The majority of startups and professionals don’t create ‘the project of year’ on their first attempt, yet we rarely hear about their failures in books, magazines or at events. FuckUp Nights wants to change that by organizing events where people are able to come together, network, share, learn and celebrate stories about business failure. Want to know more details? Check out our online facebook community!

FuckUp Nightsとは
 
FuckUp Nightsは、2012年にメキシコで始まったグローバルムーブメントです。現在は世界中35カ国、100都市以上に広がっています。FuckUp Nightsのコンセプトは、ビジネス上の「失敗」を取り巻くタブーを取り除くこと。私たちは、どんな輝かしい成功秘話よりも、生身の失敗談からの学びの方がより価値があり、役に立つものだと考えます。通常、スタートアップなどのビジネスにおいて、最初の挑戦がすぐさま優れたプロジェクトになることはなかなかありませんが、私たちが失敗について耳にすることはほとんどありません。FuckUp Nightsでは、人々が集まり、交流し、学びをシェアし、ビジネス上での失敗を価値あるものとして受け入れるようなオープンなイベントを開催していくことで、失敗を恥とするカルチャーを変えていきたいと考えています。詳細・最新情報を知りたい方は、ぜひ専用Facebookページをご覧ください!
 

Why join FuckUp Nights Tokyo?

We would like to invite all (aspiring) entrepreneurs, freelancers and professionals who want to hear, share, discuss and celebrate stories about business failure. We offer you an opportunity to freely discuss the concept of failure, and learn from the experiences of others; all in a cozy and casual setting. This will be a great opportunity for you to meet new like-minded people and have a chance to share issues that you do usually not tend to discuss at other events.

FuckUp Nights Tokyoに参加する理由
 
FuckUp Nights Tokyoでは、ビジネス上での失敗談を聞くこと、議論すること、共有することに価値を感じる起業家、フリーランス、ビジネスパーソンが多く参加しています。FuckUp Nights Tokyoは、参加者同士がカジュアルで安心できる環境で、失敗にまつわるコンセプトの自由な議論や、他の人の経験からの学びを得る機会を提供します。これによって、似たような考えや価値観をもつ人々と交わる機会や、他のイベントではなかなか話せないようなトピックなども話すことができる良い機会となります。

The Fuck Up Nights Event Format

The format of every FuckUp Nights is simple: 3 or 4 people take the stage to share their FuckUp stories, followed by a Q&A, and ending with time to network. The presenters tell their story through 10 images, each projected for exactly 40 seconds. The stories are always structured in the following way:

1) What was your project?
2) What went wrong?
3) What did you learn?
4) What would you do differently?

FuckUp Nightsのイベントフォーマット
 
FuckUp Nightsでは、3-4人のスピーカーのストーリーシェア+Q&Aの時間と、最後にネットワークの時間があります。スピーカーは、それぞれのストーリーを40秒毎に自動的に変わる10枚のスライドショーでストーリーを話していきます。ストーリースライドは毎回以下の4つの要素で構成されます:
 
1)どんなプロジェクトでしたか?
2)そのプロジェクトの何がうまく行かなかったのですか?
3)その経験を通して何を学びましたか?
4)もう一度同じ経験ができるとしたら、今度はどのようにやりますか?

Speaker Profiles (TBD) スピーカーのプロフィール情報(現在調整中)
 
We will up date the speakers info once we confirmed!
スピーカー情報は決定でき次第こちらにお知らせします!

1. Agustín Jiménez (アグスティン・ヒメネス氏)
Design Director at Desighit Tokyo


intreleague


Speakers Bio
Agustín Jiménez is currently design director in Designit Tokyo. At the age of 20, he decided to leave dentistry college to start a digital studio. After co-founding a cycling online store and working as a UX consultant for top tier companies in Madrid, In those years during the birth of the Web 2.0., he founded another e-commerce store of well designed baby products. During the same year, he started “Illios” by gathering a bunch of respected designers in the field with no central office and working as peers and sharing agile teams. After he spent a few years in Beijing as the CEO of The Cocktail (digital agency), He finally move to Tokyo in 2016.

Teaser of Story
He was thrilled to know what people really desire from Facebook when it arrived in Spain around 2009. He and his good friend had a silly conversation on what would it happen when they took the concept to extreme. The idea was to build a social network for exclusive people who stay are weekly judged by an algorithm depending on your online and offline activity. With good friends of his and 5 engineers, when the private beta of the service came to life, all of them were overwhelmed by the response. Everyone one was having fun and they had a crazy but scalable platform. They were approached by some investors. It was a pivotal moment for everyone in the team.
Join us to discover how the story ends!


スピーカー紹介
アグスティン・ヒメネス氏は、現在デザイン会社「Designit Tokyo」のデザインディレクターとして東京と拠点に働いています。20歳の頃、彼は自分のデザインスタジオを立ち上げるためにそれまで通っていた歯科大学を退学します。その後、自転車のオンラインストアを立ち上げながら、マドリードの大企業でのUXコンサルティング会社で働きました。Web 2.0の隆興に伴い、彼はもう一つのecommerceストアを立ち上げ、優れたデザインの乳幼児用製品の販売をします。同じ年には、有能なデザイナーたちを集めたデザイン集団組織「Illios」を立ち上げ、オフィスを持たず、場所や必要とされる知識や技術に基づいて編成されプロジェクトを行います。その後数年間北京でスペインのデジタル広告代理店企業の「The Cocktail」北京支店のCEOとして勤務したのち、2016年から東京を拠点に働いています。
   
ストーリー紹介
2009年頃最初にFacebookがスペインで開始された時、彼は親友と一緒にソーシャルメディアの可能性を巡って様々な議論をしていました。また、そのコンセプトを極限まで引き伸ばしたら一体どんなことが起きるのかというところまで。そのアイディアは現実化され、オンライン・オフラインのアクティビティに基づいてアルゴリズムが人々を評価するというソーシャルネットワークを立ち上げるというものでした。彼の親友と、5人のエンジニアのもと、最初のβ版が世に出た瞬間、彼らは人々の反応に圧倒されました。誰もが楽しみながら、かつおかしくも拡大可能なプラットフォームを持っていました。また何人かの投資家にも声をかけられていた彼らは、今がチームの全員にとって重要な瞬間だということを感じていました ーこの続きがきになる方は、ぜひ当日、FuckUp Nights Tokyoへご参加ください!



2. Ash Geary(アッシュ・ギアリー氏)
Owner of Pivot Creative Strategy


intreleague


Speakers Bio
Ash Geary is the owner of Pivot Creative Strategy, an inbound marketing consulting and innovation promoter firm that helps Fortune 1000 companies and startups in the United States and in Japan attract and retain customers. He actively studies behavioral psychology to better understand why people do the things they do, and how to get them to do what you want them to do. Before dedicating work fulltime to consulting, he worked for over 20 years as a creative designer in marketing and advertising industries.

Teaser of Story
On the night of FuckUp Nights Tokyo Vol.8, he will talk about the previous business in which his partner and him worked over a year and a half developing a spy game where players would interact with the outside world with smartphones — four years before the launch of Pokemon Go.


スピーカー紹介
アッシュ・ギアリー氏は Pivot Creative Strategy 創業者。 インバウンドマーケティングコンサルティングにより、 日米のフォーチュン1000企業ならびにスタートアップ企 業の顧客獲得そして拡大に直結するイノベーションを提 案しています。 常に行動心理学の最新の情報に精通し、人間の行動の元にあ った原因を見いだし、企業が意図する方向に人を動かす 手段を研究しています。 マーケティングと広告業界にてクリエイティブデザイナ ーとして活躍した20年以上の経験を通し、現在はコンサ ルタントとして活動中。


ストーリー紹介
FuckUp Nights Tokyo Vol.8では、彼がビジネスパートナー1.5年に渡り開発していたスパイゲームソフトについて話します。仮想現実技術を用い、スマートフォンを通じて外の世界と交流ができるソフトは、なんとポケモンGOが始まる4年前にすでに存在していたのです。当日は彼がそのソフトの開発を中断した背景、失敗からの学びについて共有します。


3. Dave Branson Smith(デイブ・ブランソン・スミス氏)
Entrepreneur. Procedural Thinker. Writer. Meditator. Martial Artist. Husband. Friend.
Ex-Wall Street, ex-Gaming, ex-VC.



intreleague


Speakers Bio
Dave is a capricious soul disguised as a curious thinker. He loves pushing the limits and challenging conventional wisdom (except when the conventional wisdom is correct.) Dave doesn't know if bigfoot exists but he has a strong opinion on the matter.

Teaser of Story
Dave will talk about his previous career, a VC.
What did he realize after being VC for a year and how he become an entrepreneur?
Come to attend the event on September 29th!


スピーカー紹介
デイブ・ブランソン・スミス氏は、自分自身を、好奇心旺盛な思想家に扮した気まぐれな人間と位置付けます。彼は、あらゆる制限や限界を突破し、ありきたりな知識や知恵に挑戦することが好きです。(但し、ありきたりな知識・知恵が正しい場合を除いて。)彼は、Bigfoot(アメリカ・カナダ地域に出没するという未確認生命体)が実在するかどうかはわかりませんが、Bigfootがいる・いない議論に至っては、強い意見があるそうです。

ストーリー紹介
FuckUp Nights Tokyo Vol.8では、彼の前職であるVC時代に、彼が学んだこと、
そこからどうやって起業家になるに至ったのかについて経験を話してくれます。
VCとして見えていたもの、そこからの学びについて知りたいという方は是非当日
ストーリーを聞きにいらしてください。


4. Torsten Fischer(トーステン・フィッシャー氏)
Program Director at Forwrd


intreleague


Speaker Bio
A sociologist by training, Torsten spent the last 10 years trying to make sense of the world with its new digital possibilities. He advised the Austrian public broadcast organization and universities, he worked for an emerging political party that tried to embrace democracy through the use of social media and founded his own startup to connect people and their neighborhoods.

Teaser of Story
In his talk, he will share his failed attempts and argue why he can still see meaning in his choice of uncertainty over security. Today, he keeps supporting like-minded individuals on their path to social progress.


スピーカー紹介
トーステン・フィッシャー氏は、社会学系のバックグラウンドを持ちながら、過去10年間にわたり、新しい技術の可能性と共に世界を理解しようとしてきました。オーストリアの公共放送局や大学などでのアドバイザリーをしたのち、彼はソーシャルメディアを活用しながら民主主義の実現を目指す新興政党で働き、その後地域の人々をつなげるスタートアップを始めました。

ストーリー紹介
今回のFuckUp Nights Tokyo Vol.8では、彼の過去のうまくいかなかった試みについてストーリーをシェアし、それでもなぜ今もなお安定よりも不確実なものを選ぶことに意義を感じるのかについて論じます。現在彼は同じような志をもった個人の社会的発展に向けてサポートをしています。

Impact HUB Tokyo as the Official FuckUp Nights Tokyo Venue

Impact HUB Tokyo is proud to be the official venue for FuckUp Nights in Tokyo. Impact HUB Tokyo is part innovation lab, business incubator and coworking space where a community of (social) entrepreneurs gathers, connects and exchanges knowledge and ideas. As Impact HUB Tokyo, we share the vision with the global FuckUp Nights movement that the societal taboo surrounding failure needs to be broken. We host this event as a bimonthly series.

Want to know more about us? Check out our website: http://en.hubtokyo.com/
 
開催団体:Impact HUB Tokyoについて
 
Impact HUB Tokyoは、FuckUp Nights Tokyoの公式開催団体です。
Impact HUB Tokyoとは、イノベーションラボ、ビジネスインキュベーション、コワーキングスペースの機能を併せ持ち、起業家が集まり、つながり、知識やアイディアを共有するコミュニティスペースとなっています。Impact HUB Tokyoでは、FuckUp Nightsムーブメントが掲げる「失敗を取り巻く社会的なタブーを打ち壊す」という強いビジョンに共感し、FuckUp Nights Tokyoを隔月に一回開催しています。
 
Impact HUB Tokyoについてもっと知りたい方は、こちらのリンクをご覧ください:http://hubtokyo.com/
 

About this community

FuckUp Nights Tokyo

FuckUp Nights Tokyo

Failure Sucks, but Instruct! FuckUp Nights is a community of people who share the experiences and learnings from their business failures.

Join community